プロになりたいか?季刊誌「瞳Photos~写真の目線」

知る人ぞ知るマリア書房。
2年ぐらい前の記事にマリア書房の社長さんの写真も掲載させていただきました。
まあ工芸関係で有名な出版社です。
「瞳Photos」という季刊誌をご存知ですか?

第1号は戦場に立つカメラマンの群像
第2号アイドルカメラマンの群像
第3号女性職業カメラマンの群像
そして第4号はスポーツカメラマンの群像

アマゾンでも販売しているので興味あれば是非!
これからプロになろうと考えている人にいいのではないでしょうか?

他にも素晴らしい写真Blogがいっぱい!click for blog ranking




よく瞬発力だけのアマチュアが継続性のプロの仕事・写真を
「オレでもこの程度は撮れる」とか勘違いしますが、正直言ってプロになる事は薦めません(笑)

写真の世界・・・・需要と供給を考えた時に完全に供給過多だからです。
それでも好きの一念、岩をも通すかも・・・・・

プロカメラマンの平均年収は確か300万程度。
老後も働くのか??と、思うと私はウンザリです。
月の必要額×12か月×25年=老後の資金・・・・よく1億必要とか書きますが、この月の必要額が38万になっていたりしてクセモノです。
とはいえ年を取ると体、動かなくなってくるアルよ。

10年以上前にバンコクに居る・・・というだけのメリットで雑誌に連載を掲載したり、色々な出版社から写真を頼まれたり戦場に取材に行ったり・・・・・
色々な経験ができましたが、ビジネスの世界を選択しました。
この選択は・・・・・今でも間違っていないと思います。
[PR]
by aricom | 2008-02-18 09:23 | Books&Photographer

毎日が(精神)修行です・・・・早く人間になりたいw


by アーリー
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31