巣鴨長日~Sugamo Days~
aricom.exblog.jp
  ブログトップ
<   2005年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧
GR1vで撮る白黒シリーズ「市場の売り子」

リコーGRデジタルにモノクロモードが搭載されているそうだ!
キヤノンEOS5Dに搭載されているピクチャーモードの白黒は単に彩色しないという機能ではなく、モノクロ写真のデータを生かしているそうだ。実際に撮ってみてスゴク良い感じだった。
リコーGRデジタルのモノクロモードもある程度、設定できるようなので期待できる。
他にも素敵な写真がいっぱい!人気blogランキング写真部門ここをクリックしてね

c0071611_22481838.jpg
そういう意味ではまさにリコーGRデジタルは「買い」かもしれない。
きっと面白いカメラだろうと思う。

撮影機材:RICOH GR1v Film by Fujifilm Scan by Konicaminolta Dimage scanelite 5400Ⅱ
Photoshop Elements3にて修正

↑この写真いいなと思ったらクリックお願いしますclick for blog ranking

[PR]
by aricom | 2005-02-28 22:44 | ASIA
GR1vで撮る白黒シリーズ「まな板売り」
リコーGRデジタルが熱い!
銘機『銀塩GR』シリーズの姿を重ねることで期待があるのだろう。
コンパクトで常に携帯がし易く、それでいて描写がしっかりしている。
確かにそんなカメラ欲しいよねぇ~。
他にも素敵な写真がいっぱい!人気blogランキング写真部門ここをクリックしてね

c0071611_13442821.jpg

タイ駐在時代に友人が自慢していたので借りて写真を撮ったが、確かに軽くて使いやすかった。広角レンズなのも嬉しかった。
私は当時コニカ ヘキサを持っていたが、ヘキサは少しガタイが大きかったので、うらやましかったなぁ。
さてリコーGRデジタルの次はヘキサ デジタルでしょう?コニカミノルタさん!

撮影機材:RICOH GR1v Film by Fujifilm Scan by Konicaminolta Dimage scanelite 5400Ⅱ
Photoshop Elements3にて修正

↑この写真いいなと思ったらクリックお願いしますclick for blog ranking

[PR]
by aricom | 2005-02-27 13:50 | ASIA
GR1vで撮るシリーズ「タイのお土産物」
リコーGRデジタルのBlogは面白い。
開発秘話などを紹介してくれて、正にBlogを上手く利用した営業方法でもある。
そういう意味では日産なども既に活用しているが、こうした手法はますます増えるだろう。

他にも素敵な写真がいっぱい!人気blogランキング写真部門ここをクリックしてね
c0071611_12324128.jpg
こうして改めてみるとGR1vの描写力っていいですねぇ。
GRデジタルにもこうした描写力があるといいのですが・・・・・・

撮影機材:RICOH GR1v Film by Fujifilm RVP Scan by Konicaminolta Dimage scanelite 5400Ⅱ

↑この写真いいなと思ったらクリックお願いしますclick for blog ranking

[PR]
by aricom | 2005-02-26 12:41 | ASIA
GR1vで撮るシリーズ「睡蓮」④
賛否両論分かれているリコーGRデジタル。でも多くの人が「否」の方かな。デザインはもうこういうコンセプトだし仕方ない(私は好きだが)。

他にも素敵な写真がいっぱい!人気blogランキング写真部門ここをクリックしてね
c0071611_161389.jpg
では何だ?描写、グリップ感、重心云々は触ってみないと分らない。
スペック云々で語りきれないのが銘機の由縁だと思う。
そういう意味ではキヤノン5Dより物議をかもしているような気がする。
5Dは高い・買えない、「あぁ、そうだね」で済むが、GRデジタルの場合は少し背伸びすれば何とかなる価格ではないだろうか?それ故に熱くなれるのかもしれない。

撮影機材:RICOH GR1v Film by Fujifilm RVP Scan by Konicaminolta Dimage scanelite 5400Ⅱ

↑この写真いいなと思ったらクリックお願いしますclick for blog ranking

[PR]
by aricom | 2005-02-25 01:04 | ASIA
GR1vで撮るシリーズ「睡蓮」③
白い睡蓮もいいと思いませんか?
他にも素敵な写真がいっぱい!人気blogランキング写真部門ここをクリックしてね
c0071611_1471954.jpg
追記:リコーGRデジタルですが実際に手に触れてみた人の間では、評判が良いようです。
私も早く触れて見た~い。
銀塩を買う事も考えたのですが、中古で買ってスリーブ何本か出したら
すぐコスト的には銀塩が追い越しちゃうんですよねぇ。
スペック的にはスゴク良さそうだし、今回はすぐ飛びつくのではなくてじっくり吟味して検討したいと思ってます。

撮影機材:RICOH GR1v Film by Fujifilm RVP Scan by Konicaminolta Dimage scanelite 5400Ⅱ

↑この写真いいなと思ったらクリックお願いしますclick for blog ranking

[PR]
by aricom | 2005-02-24 14:03 | ASIA
GR1vで撮るシリーズ「睡蓮」②
他にも素敵な写真がいっぱい!人気blogランキング写真部門ここをクリックしてね
c0071611_20332728.jpg
前回撮った睡蓮と同じですが、光の角度によって違う花に見えます?

撮影機材:RICOH GR1v Film by Fujifilm RVP Scan by Konicaminolta Dimage scanelite 5400Ⅱ

↑この写真いいなと思ったらクリックお願いしますclick for blog ranking

[PR]
by aricom | 2005-02-23 20:34 | ASIA
GR1vで撮るシリーズ「睡蓮」①
他にも素敵な写真がいっぱい!人気blogランキング写真部門ここをクリックしてね
c0071611_14502342.jpg
タイは仏教の信仰厚い国。人も優しく明るいので東南アジアのイタリアと言われている。やはり通ずるものがあるのか、イタリア人が経営するイタリア料理の店も多い。そして街角には蘭と睡蓮をよく見かける。蓮とか睡蓮って大好きな花の一つです(^o^)

撮影機材:RICOH GR1v Film by Fujifilm RVP Scan by Konicaminolta Dimage scanelite 5400Ⅱ

↑この写真いいなと思ったらクリックお願いしますclick for blog ranking

[PR]
by aricom | 2005-02-22 14:51 | ASIA
GR1vで撮るシリーズ「市場で売っている魚」
他にも素敵な写真がいっぱい!人気blogランキング写真部門ここをクリックしてね
c0071611_11511240.jpg
画面中央の上に丸くて大きなまな板があります。ここで魚達はさばかれていきます。

撮影機材:RICOH GR1v Film by Fujifilm RVP Scan by Konicaminolta Dimage scanelite 5400Ⅱ

↑この写真いいなと思ったらクリックお願いしますclick for blog ranking

[PR]
by aricom | 2005-02-21 11:51 | ASIA
GR1vで撮るシリーズ「市場の猫」
他にも素敵な写真がいっぱい!人気blogランキング写真部門ここをクリックしてね
c0071611_1462624.jpg
一つの共生の姿があります。
こうして市場に猫がいるのはいいものです。寛容的な優しさがあふれるタイの街から愛と優しさを込めて・・・・・

撮影機材:RICOH GR1v Film by Fujifilm RVP Scan by Konicaminolta Dimage scanelite 5400Ⅱ

↑この写真いいなと思ったらクリックお願いしますclick for blog ranking

[PR]
by aricom | 2005-02-20 14:06 | ASIA
GR1vで撮るシリーズ「市場で売っているおかず」
他にも素敵な写真がいっぱい!人気blogランキング写真部門ここをクリックしてね
c0071611_16254622.jpg
通称「ぶっかけ」です。ご飯の上に載せて食べるスタイルがタイでは一般的です。
おかず2品、3品載せたり目玉焼き載せたりオプション自由自在。
持って帰る時はビニール袋に入れてくれます。少し厚みのあるビニールに金魚入れるみたいにしてくれるのです。

撮影機材:RICOH GR1v Film by Fujifilm RVP Scan by Konicaminolta Dimage scanelite 5400Ⅱ

↑この写真いいなと思ったらクリックお願いしますclick for blog ranking

[PR]
by aricom | 2005-02-19 16:22 | ASIA
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
錦秋 Skin by Sun&Moon