巣鴨長日~Sugamo Days~
aricom.exblog.jp
  ブログトップ
カテゴリ:MiddleEast( 23 )
ベリーダンスはコアを鍛える
人気Blogランキングへ♪いつも応援ありがとうございます。
c0071611_1154256.jpg
やはりミラーレスに動きのあるものは難しいですね。
c0071611_11545015.jpg
まだまだこの分野はOVFや、「コントラスト検出型のオートフォーカス」では無理があります。
c0071611_11563165.jpg



Blogランキング応援お願いします♪
click for blog ranking


[PR]
by aricom | 2012-05-20 11:56 | MiddleEast
海外写真へのアプローチ
他にも素晴らしいBlogがいっぱい!click for blog ranking
c0071611_1716795.jpg
日本も好きだが、コスト的なことを考えたら海外へも安く行ける。
海外は何といっても言葉が通じない。
だが不便を感じて日本の便利さを感じ感謝している。
先日某カメラマンと話して面白い事を云っていた。
若干私なりに解釈すると「海外」に行って撮った・・・だけという写真も多いという事だ。
「行きました、撮りました」それで終わり。
ただ単に『撮っただけ』の写真では何も届かない。

うむうむ、私も気をつけねば・・・・

Blogランキング参加中!クリックお願いしますclick for blog ranking
[PR]
by aricom | 2009-04-02 17:18 | MiddleEast
国境を越える
他にも素晴らしいBlogがいっぱい!click for blog ranking
Excite エキサイト : 国際ニュース
c0071611_1411397.jpg
エジプト側から国境の下に掘られたトンネルをくぐってガザに行ってきたと知人のカメラマンから聞いた。
国境って、トンネルをくぐって行き来できるものなのか?
そのトンネルから、武器がパレスチナのハマスに渡った。
そのことを理由にイスラエルはガザを空爆し、千人以上の犠牲者を出した。
たかがトンネル、されどトンネルである。

私にとって国境とはタイーミャンマーの国境である。
タイと云う楽園を超えると一転して戦争地帯のミャンマーがあった。

今年は富山―ウラジオストックを考えている。
海と国境・・・・・日本ならではの国境だ。

Blogランキング参加中!クリックお願いしますclick for blog ranking
[PR]
by aricom | 2009-01-31 13:45 | MiddleEast
ガザからのメール
他にも素晴らしいBlogがいっぱい!click for blog ranking
c0071611_23313050.jpg
友人のカメラマンからメールが届きました。
まあ何というか最悪を煮込んだような状態だそうです。
元々イスラエル軍はエアガン(と云っても失明するぐらいの威力がある)等で、パレスチナ人をいたぶっている連中です。
今回の攻撃もイスラエル国民は大喜びです。

Blogランキング参加中!クリックお願いしますclick for blog ranking
[PR]
by aricom | 2009-01-08 22:19 | MiddleEast
土地泥棒が招いた事~パレスチナ問題解決方法~
他にも素晴らしいBlogがいっぱい!click for blog ranking
c0071611_10432794.jpg
20代の私にとって「世界」とは欧米のみの世界を指していた。
しかし旅に出てアジアそして中東の国を訪れ、その視野が拡がった。
イランに行けば「アメリカ機撃墜記念切手」が売られているし(笑)、虐げられた人々・利用された民族の歴史も知った。
今回のガザ侵攻も元はと云えば強欲な「土地泥棒」から始まった。
ユダヤ人という人々はヒトラーが嫌悪したように・・・いや世界中の人々から今でも嫌悪されている原因は「どケチ」である事ではないでしょうか?
本当にびっくりするくらい「ドケチ」です(爆)
私は「お金の大事さ」を知っていて好きですが、やはり自分の物差しを遥かに超える「ドケチ」なので驚くことが多々あります。

まあパレスチナ問題を解決したかったら方法は一つ。
イスラエル国家を解体して1948年の建国前の状態に戻す事です。
そしてユダヤ人は第2次世界大戦の戦争報酬としてアメリカの1州を貰いなさい。
これでいいのだ!
更にこうしたアラブ人蔑視的な事を招いた先進国首脳の墓をあばき、死者に鞭を打つ・・・
これは古代中国で本当にあったんだよなぁ・・・・

Blogランキング参加中!クリックお願いしますclick for blog ranking
[PR]
by aricom | 2009-01-06 10:40 | MiddleEast
イスタンブールの憂鬱
c0071611_8491038.jpg
トルコへの投資が高まっている。
EUの進出も相次いでトルコ経済は活況を見せている。
正直トルコの実力を知っている者にとっては、複雑な気分だ。
投資というのは実はスペックだけ知っている、自分にとって都合のよい情報だけ必要なのかもしれない。
遥かなるトルコ、これからどこへ行くのだろう。

他にも素晴らしい写真Blogがいっぱい!click for blog ranking

[PR]
by aricom | 2008-08-13 08:48 | MiddleEast
あああああ、やっちゃった・・・・・・
c0071611_8125447.jpg
もう滅多な事ではお目にかかれない8人掛けキリム・・・・・
こんな巨大な作品は頼んでも作ってもらえない。
なのに、なのに虫に食われてボロボロ。

防虫剤を入れていたのですが、切れていました。
その隙にたっぷり食われてしまいました。

12畳サイズだったから、半分にして使いやすくすっか・・・・
ああああ、もう暗い暗い気分・・・・・
しかも、もう一つのお気に入りの黄色のキリムは???
何所に仕舞ったのか?
嫁さんに聞いても分らない
うーん、自己嫌悪・・・・・

この写真いいなと思ったらクリックお願いしま~す♪click for blog ranking
[PR]
by aricom | 2007-09-20 08:15 | MiddleEast
心は遠くを旅している~イラクの風景~

この写真いいなと思ったらクリックお願いしま~す♪click for blog ranking
c0071611_12404153.jpg
寒いせいか暑い国・・・・に行きたいなぁ。
もっとも行ったら行ったで後悔するんだろうけど・・・・

イラクは内戦状態が続いている。
あんなに安定していた国が・・・・・悲しい事だ。
だからと言って独裁を肯定している訳じゃないし、民主主義がそこまで完璧な政治システムとも思っていない。
安定した独裁か混乱した民主主義か・・・・・僕が当事者ならどっちを選ぶだろう。

Blogランキングに参加中!ポチっと応援クリックお願いしま~すclick for blog ranking

More
[PR]
by aricom | 2006-11-24 11:19 | MiddleEast
楽しきイランとその歴史

↓この写真いいなと思ったらクリックお願いしますclick for blog ranking
c0071611_7274229.jpg
イランと言う国を知っていますか?
一応ペルシャ人の国としての成り立ちを持っており、モンゴル帝国やオスマントルコに帝国に蹂躙されてもアイデンティティーを維持した人たちの国です。
日本の約4倍の国土を持ち石油が豊富な国です。
この国に入れるのはドイツ人と韓国人と日本人と中国人だけです。
国内の移動は確か100円か200円程度で飛行機が使用できました。
じゃバスは???市内バスは1円程度でしたかね。
c0071611_945471.jpg
食べ物や水も首都テヘランに至っては大変豊富です。道は平城京のように都市計画に沿って作られた街です。東京のように行き当たりバッタリの計画性皆無の最悪の都市ではありません。
路上キオスクでフルーツジュースが飲めますがざくろジュースやメロンジュースは安くて美味しい!食べ物もハンバーガー(イランではハンバルゲ)スタンドで様々な食材を挟んで食べれます(パンはコッペパンだけど)。羊の脳みそもあるでよ!
c0071611_95642.jpg
日本食も1店だけどあります。そこではキャビア寿司が食べれました。
唯一の不便は中々ホテルに泊めてくれない事です(笑)宗教警察などが存在するイランでは外国人=スパイ・・・・・的な考えがあるようで、外国人を宿泊させる場合はイチイチ警察署に書類を提出しなくてはいけません。これがメンドくさいようで、泊めてくれないのです。
私は夜にテヘランに着いたのですが、何軒も断られてエライ目にあいました。
詩人の名前の広場で仕方ないから野宿しようとしたら、ちょうど浮浪者を取り締まっていた警察に捕まってしまいました。そして訳を話したら仕方ないな・・・・という感じで護送車でホテル探しをしてくれました。最初のホテルは既に断られたホテルでした・・・・
2軒目は旧ヒルトンホテル(アメリカ資本は全て撤退)。そして3軒目・・・・イランの警察官も次は決めてやる・・・・と言ってくれ連れて行かれたのは20階建ての旧ホリディインでした。
豪奢なホテルを見上げて僕は思いました「こりゃダメだ」。
でも交渉して一回断られましたが、粘った結果エアコンが壊れた部屋でいいのなら・・・
と言う事でOKが出ました。確か部屋は15階だった気がします。
いい風が入ってエアコンは必要ありませんでした。
こんないい部屋でも400円ぐらいだったのかな・・・・・

何故こんなに安いのか?
それはイランは当時(今はどうなんでしょ)闇両替が盛んで公定レートの20倍以上で取引されており、外国人にとって天国のような国でした。

まだ街中はイランイラク戦争(イライラ戦争と言われてました)の名残が残っており、爆撃の後とかありました。

※2,3枚目は時間がないために写真からスキャンしたため画像が鮮明でありません。
ご勘弁!

ポチっと応援クリックお願いしますclick for blog ranking

1979年、激動の年の開幕
[PR]
by aricom | 2006-09-08 07:48 | MiddleEast
イランは悪の枢軸か?~切手で見るイラン~

応援クリックお願いしますclick for blog ranking
c0071611_9104333.jpg
自称「世界の警察」、生物兵器・核兵器・通常兵器・武器が最も多い国、歴史的に見ても少数民族をも利用して他国に争乱と戦争を世界規模で起こしまくり、法令的根拠・令状なしに、国内で盗聴・検閲等の監視活動ができる自由と民主主義と国益を標榜する素晴らしいアメリカ様が名指しで「悪の枢軸 (axis of evil)」と批判している北朝鮮、イラン、イラクという国々があります。

そんな悪の枢軸イランからの素直でお茶目な切手を紹介します。
アメリカこそ世界の盟主である、日本は51番目の州になるべきだと考えている人にもお奨めです(笑)

1枚目はイラン革命の指導者だった故ホメイニ師です。

ポチっと応援クリックお願いしますclick for blog ranking

イランは1979年から戦っている
[PR]
by aricom | 2006-09-07 23:02 | MiddleEast
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
錦秋 Skin by Sun&Moon