巣鴨長日~Sugamo Days~
aricom.exblog.jp
  ブログトップ
自然・偶然

Blogランキングに参加中!ポチっと応援クリックお願いしま~すclick for blog ranking
キャプション追加しました。
c0071611_8123311.jpg
得意の撮っちゃった・撮れちゃった写真です。
まあ素材を見つけただけです・・・・・・とはいえ、この時期なら・・・という期待通りの模様が見れました。
イメージはウルトラセブンのオープニングです・・・・・
ウルトラQではないです・・・・・似てますがウルトラQの方を新・旧共に最近見ている筈ですが、すっかり記憶から抜け落ちていました(笑)
ウルトラQ Dark Fantasyというのが以前「深夜」にやっていましたね。
最終回は見ませんでした。カネゴンとガラモンの回は見たかったぁ~。
でも今我が家にも怪獣が1匹住んでおり、一昨日はウ●コが破裂したようになっていました・・・・
まだ赤ちゃんなので毎日が大変です・・・・・

この写真いいなと思ったらクリックお願いしま~す♪click for blog ranking



少しだけ見ましたが、仮面ライダー1号のDVD第1巻にしても「そんなに面白くない」というのが私の正直な感想です。ただ怪人の不気味さは中々のものです。
今の仮面ライダーって時々TVをつけた時に目に入りますが、商業主義的な匂いがプンプンするしどうして上下が切れているのか???
仮面ライダーという作品に音楽会社、おもちゃ会社etcがぶら下がり・・・・という構図は仕方ないです。資本主義社会の住人としては異論がありません。
でもね、こういう作品は基本的に僕は「子供のもの」だと思います。
内容が難しくなっているような・・・・もっと単純な『勧善懲悪』ものでいいと思うんですけどね。
c0071611_10122325.jpg

「世界の黒澤」も僕はそういう風に騒がれる以前の黒澤作品の方が好きです。
それなりに面白いけど単純明快な面白さというか大衆路線でなくなった感じがあります。
マキノ正博氏の「鴛鴦歌合戦」というのが以前「深夜」にやっていましたね。
というのは、余り知られていない映画ですが僕はこれを70年近く前に作ったというのは大変評価できると思います。
ディック・ミネもカッコいいし、音楽も日本人向けのノリノリ和風ラップだしね。

追記:ウルトラマンと云えば脚本家「金城哲夫」氏が思い出されます。
彼は沖縄の本土復帰の時に円谷プロダクションを退社、帰沖したものの
言葉のギャップ(彼は島言葉が話せなかった)などで、酒びたりになってしまう。
そして酔っ払った挙句に自宅2階の仕事場へ直接入ろうとし、屋根の上で足を滑らせ転落。
脳挫傷のため死去、享年37歳の若さでした。
彼の「絶対善」などない・・・という苦悩的なペーストはウルトラマンシリーズの背景となっているような気がします。でもこういうペーストやスパイスはたまに入れるからいいんだと思います。
[PR]
by aricom | 2006-10-02 08:14 | Nature
<< SF的銀座撮影 ページトップ 犬のいる風景 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
錦秋 Skin by Sun&Moon