巣鴨長日~Sugamo Days~
aricom.exblog.jp
  ブログトップ
岡本太郎氏の幻の壁画!!

人気blogランキング写真部門参加中!1日1回クリックしてね

c0071611_1114440.jpg
※写真はタイトルの「壁画」ではあ~りません。

今夜「いよいよ世界初公開へ!岡本太郎幻の壁画!! 除幕特番」21:00~が公開されます。
彼の作品は実は東京の街中にもゴロンゴロンあります(笑)

岡本太郎氏は沖縄文化(これは写真集を出しています)や東北民話、そして縄文文化などに影響を受けた人です。フランス語も堪能でした。
単なる「爆発じいちゃん」ではありません(笑)

今回の壁画発見はやはり岡本敏子さんの情熱のたまものです。
この女性は本当にスゴイ人です。圭角(トゲ)のない心を持った度量の大きい人でした。
完成を見る前に亡くなられたのが残念です。

Blogランキングに参加中「ポチッっとなぁ~」と応援クリックお願いしますclick for blog ranking



だけど今回の壁画・・・・・正直私にはそんなに良いとは思えません。
私は権威や流行に純朴になびかないようにしていますが、それでも良い物は良いと言うつもりです。けど「巨匠にも駄作がある」が私の持論です。

人は有名人が作ったものだから・・・と碌に作品も見ないで「これは素晴らしい」と容易に言います。

今回の壁画はホテルのロビー飾るために作ったそうですが、ちょっとロビーに合わないような壁画です。メキシコ風の画風ですが、メキシコ人が「ドクロ大好き」文化とはいえ・・・・
明後日見に行こうと思いましたが、チョットなぁ~。でも肉眼で見るのと違うかもしれないし・・・・

作品の思想的背景が受けているのか??
まあ単に私には理解できないだけでしょうね(笑)

良い作品だとは思いますが、「わざわざ交通費や時間を割いてでも見に行く価値があるか?」と言うことです。私は厳しいんですよ(笑)この作品は太郎氏の作品だから素晴らしいのか?
太郎氏を知らない人でも素晴らしいと思われる作品なのか?
等と考え過ぎずにニュートラルに近い状態で見てみたいな。

岡本太郎氏に関してはこちらのサイトもお奨めです。

追記:Webの小さい画面でなくTVでチラッと見たら・・・・・この壁画・・・いいですね(笑)
見に行きたくなりました(笑)
[PR]
by aricom | 2006-07-07 11:16 | 東京散歩
<< 三つ巴 ページトップ アナトリア・キリム展 from... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
錦秋 Skin by Sun&Moon