巣鴨長日~Sugamo Days~
aricom.exblog.jp
  ブログトップ
GR DIGITAL第3話「高信頼性編」への感想
c0071611_1342093.jpg
リンクさせていただいているBlogの一つに必撮!勤め人という玄人好みの写真を撮られているphoto_artisanさんのBlogがある。
IDが(メーカーの)アルティザンに由来していると思うのだが、パルチザンの方が妥当じゃないのか(笑)と思うぐらい硬骨な姿勢で、かつ正統的な写真を撮られる人だ。

そのphoto_artisanさんがGR-Dをカスタマイズしたと言う。
それが私にも興味深い「レリーズボタン」の調整だ。
こうした一人ひとりの「感覚」を大切にしたいというリコーの真面目な姿勢が理解できるし、一ユーザーとしても選択肢が多いというのは嬉しい。

私は少し硬めに直したいだす・・・・・

↑この写真いいなと思ったらクリックお願いしますclick for blog ranking



カメラ販売・ラボ関係にいた人間として一つ言えることは「この業界の人間は真面目である」という事だ。バブルの時に儲からなかった(儲ける事ができなかった)業界というのは信用できる(笑)

どのメーカーも『ミス』があってもそれに対し真摯に対応している。
人の命がかかっているのに「どぐされ」な事をしてきた三菱自動車。
業界では20年以上前からヤクザ生命と言われ保険金不払いの事がやっと明るみに出た明治安田生命。
夕方6時から手数料を取る世界最低レベルのサービスを続ける日本の銀行等等とは大違いだ。

とは言えリコーGR-Dの初期不良がずいぶん多いらしいという話しも聞く。
まあちょっと「アンラッキー」だったね・・・と私などは思う(こういう時は不便な国を旅すると多少の事には寛容になる。まさに「諦観」というやつですね)。

まあこうした事は最近でもある
キヤノンは24-105mmレンズへの対処として新品と交換。
オリンパスで修理が4回も連続して同じ修理(つまり直ってなかった)したが、1回送料無料で対応。電池も2個くれた・・・・
ニコンD-50の電池も何とか対応しているようだ。

他にも色々あると思うが、まあこの辺で・・・・
[PR]
by aricom | 2004-12-28 11:28 | 東京散歩
<< 使ってみました(2) GR-D ページトップ 使ってみました(1) GR-D >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
錦秋 Skin by Sun&Moon