巣鴨長日~Sugamo Days~
aricom.exblog.jp
  ブログトップ
フォースの加護があらん事を~LEDライトセイバー作り~
c0071611_23194335.jpg
「ブツ撮り」・・・大変難しいですね。
『ウィキペディア(Wikipedia)』を参照するとこう書かれています。

写真においては、ブツ撮りとは主にアオリ撮影が可能なビューカメラ[1]を用いて、ライティング(照明)の構成によって被写体の形状や質感、ラベルや刻印の文字・記号を的確に描写し、同時に高級感を演出するといった、技術を駆使したスタジオ撮影を指すものであり、「ブツが撮れる」人といえば技術が一定のレベル以上であることを示した。しかし現在では、例えばビューティ系のロケの傍らで成りゆきの自然光を用いてアクセサリーや雑貨を撮ることもブツ撮りで通っており、広義に商業目的の静物撮影全般を指す言葉として用いられる。

私の家にも何故かライトが2灯ございます。
限界も感じて自然光で撮るセットも持っていました。
そこへPCWatchの武蔵野電波のプロトタイパーズで第22回「プロ並み写真をすぐ撮れるLEDライトセイバー」 という記事が先日ありました。
実はLEDライトセイバーはもう数年前からありまして、このプロトタイパーズの記事内でも紹介されてる写真家さんの提案の代物です。

色々な方が興味を持たれるLEDライトセイバー、ホントに凄いモノなのでゼヒ体験してみてチョ~だい!! 発案者の伊藤裕一氏LEDライトセーバーコーナーも参考にしてみてちょ


c0071611_2320750.jpg
はい、こんな感じで完成しました。予算2千円の作品です(笑)
c0071611_23221869.jpg
はい、こんな感じで撮ってみました。最初にしてはいい感じじゃないですか?
c0071611_23223180.jpg
影の消し方が、まだ甘いですね。まあ今後も精進です・・・

Blogランキング応援お願いします♪click for blog ranking
[PR]
by aricom | 2009-11-22 20:55 | News
<< 【石井早苗】設定を変えました ページトップ さらば謎の町 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
錦秋 Skin by Sun&Moon