巣鴨長日~Sugamo Days~
aricom.exblog.jp
  ブログトップ
インドを舞台にした映画が最多8部門受賞!~第81回アカデミー賞について~
Excite エキサイト : 芸能ニュース
c0071611_15235346.jpg
(C) 2008 Celador Films and Channel 4 Television Corporation

第81回アカデミー賞は、ダニー・ボイル監督の『スラムドッグ$ミリオネア』が作品、監督、脚色など最多の8部門を制しました。
http://slumdog.gyao.jp/
特に子役の演技は素晴らしく、また経済発展目覚ましいと云われているインドの闇をまざまざと見せてくれた。

◆作品賞
ひょっとしたら「ミルク」が取るかな?と思ったが『スラムドッグ$ミリオネア』が取ってくれて本当に嬉しい。
「ミルク」も内容的には同性愛者であることを公表した上で、米国史上初めて公職に就いた政治家ハービー・ミルクの半生を描いたドラマで見応えはあると思う(スイマセン、この作品は未見です)。
◆主演男優賞
ショーン・ペン(マドンナの昔の旦那)が主演男優賞に輝いて嬉しい。
昔は狂犬のような男だったが、演技派として才能を活かしている。
でも本当は「レスラー」のミッキー・ロークが取っても良かったかな。

◆主演女優賞
ケイト・ウィンスレット 「愛を読むひと」が受賞。
ひょっとしたら「チェンジリング」のアンジェリーナ・ジョリーが取るかなと思ったけど、妥当でしょう。

◆助演男優賞
ヒース・レジャー 「バットマン・ダークナイト」
うーん、今回のジョーカーはそんなに良いと私は思いませんでした。
個人的にはロバート・ダウニー・ジュニア 「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」に取らせてあげたかった。
まだ28歳の若さで薬の併用・過剰摂取による急性薬物中毒で昨年1月に事故死した彼に合掌。

◆助演女優賞
ペネロペ・クルス 「それでも恋するバルセロナ」
何かダサイ邦題です。原題はVicky Cristina Barcelonaです(笑)
ストーリーは婚約者もいる真面目なヴィッキーと、情熱的な恋を求める自由奔放なクリスティーナ。親友同士の2人は、夏のバカンスを過ごすバルセロナで魅力的な画家フアン・アントニオに出会い、それぞれ彼に惹かれていく。しかし、そこへ画家の美しい元妻が現れ……。ウッディ・アレン監督だったんですね。
最近見たウッディ・アレン監督の作品は「タロットカード殺人事件」ですね。
出演もしてましたが、役柄的にはまあ何というかちょっと救いがありませんでした。
嫁さんも「かわいそぉ~」と云ってました。

◆外国映画賞
我らが日本の「おくりびと」が受賞しました!
おめでとうございます!!!!
ドイツの「バーダー・マインホフ 理想の果てに」はドイツ赤軍の創始者アンドレアス・バーダーとウルリケ・マインホフの話のようですね。

◆長編アニメ映画賞「ウォーリー」
「カンフー・パンダ」も面白かったけどねぇ。
◆長編ドキュメンタリー賞「マン・オン・ワイヤー」
まさにビルとビルをワイヤーでつないでその上を歩く・・・・
高所恐怖症の私はパスです。

◆短編ドキュメンタリー賞 「スマイル・ピンキ」(原題)
◆脚本賞「ミルク」
◆脚色賞「スラムドッグ$ミリオネア」
◆撮影賞「スラムドッグ$ミリオネア」
◆編集賞「スラムドッグ$ミリオネア」
◆美術賞「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」
◆衣裳デザイン賞「ある公爵夫人の生涯」
まあこういう中世風の衣装が受賞しやすいんですよねぇ。
◆作曲賞「スラムドッグ$ミリオネア」
◆歌曲賞“Jai Ho” (「スラムドッグ$ミリオネア」)
これはノミネート3曲のうち2曲がスラムドッグでしたから・・・・
◆録音賞「スラムドッグ$ミリオネア」
◆音楽編集賞「ダークナイト」
ひょっとしたらバットマンの盗聴音かな?
◆メイクアップ賞「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」
◆短編実写映画賞】「トイランド」(原題)
◆短編アニメ映画賞「つみきのいえ」
おめでとう!!

それにしてもレッドカーペットでスターがこんなカッコしてたとかって、最も興味のない分野ですね。
[PR]
by aricom | 2009-02-23 15:59 | News
<< クロちゃんは幸福なノラなのだ ページトップ 2/22は猫の日だからMy f... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
錦秋 Skin by Sun&Moon